無料で相談できる|うつ診断でチェックしよう【適切な治療法を見つけていく】

うつ診断でチェックしよう【適切な治療法を見つけていく】

無料で相談できる

医者と看護師

症状の見極めが大切

うつ病と診断されれば治療をはじめる事ができますが、そこに辿り着くまでの道のりは険しいものです。まずうつ病患者の中には自覚できない人が大勢います。周囲の人から指摘されてから気がつくケースが多く、数ヶ月から数年経過してから医師の下を訪れる人も少なくないのが現実です。その原因として考えられるのが本人の性格による影響です。うつ病患者の多くは生真面目で仕事熱心なので職場でも高い評価を受けている人が目立ちます。しかしその反面、融通が利かず些細な事でストレスを感じやすいという面があります。更に失敗に対して自責の念が強く、努力が足りないと考えます。その様な人の多くは自分が病気である事を認めたがらず、治療を受ける事に消極的です。まずその様な者が家族にいる場合には保健所や精神保健福祉センターを利用するのが得策です。これ等は公的な機関なので無料で利用する事ができます。面接での相談は殆どが予約制ですが、電話での相談にも応じてくれます。必要に応じて受診先の医療機関も紹介してくれます。紹介先は精神科や心療内科等になりますが、担当する医師にはそれぞれ専門とする分野があります。しかも診断については明確な基準があるものの、実際の治療方針については医師の主観的要素が多くを占めています。最適な診断と治療が受けられるかについては医師との相性が大きく影響します。これ等の理由から円滑なコミュ二ケーションが取れる医師の治療を受ける事が必要です。うつ病と聞いて多くの人がイメージするのが大うつ病性障害と呼ばれるものです。これは漠然とした不安感や焦燥感、気分の落ち込みが続く典型的なうつ病です。実際にはもっと多くの症状が複雑に発症する様々なタイプが存在します。その1つが双極性障害です。ハイテンションな気分が続く躁状態と無気力な状態とを一定の間隔でくり返しています。気分の良い躁状態の時には全ての事柄が実現可能に思えたり、眠らなくても活動できたりします。躁状態ではギャンブル等にのめり込んで金銭トラブルになるケースもあるので、注意が必要です。更に女性に多い症状として知られているのが非定型うつ病です。自分にとって良い事があると一時的に回復するので、周囲の誤解を招く事がある症状です。過食や過眠、体重増加が見られ、年齢が若い人に多く発症します。医師はこれ等の症状を見極めて正確な診断をしていきます。中には当初の診断と違う症状が発症する事も珍しくはなく、治療を困難にさせている要因でもあります。そしてこの病気はストレスがきっかけとなっている事が知られています。過剰なストレスが心身を疲弊させ、心を不安定にさせています。まずはストレスとの上手な付き合い方を学ぶ事も必要です。