自分では気づきにくい病気|うつ診断でチェックしよう【適切な治療法を見つけていく】

うつ診断でチェックしよう【適切な治療法を見つけていく】

自分では気づきにくい病気

医者

診療科を選ぶ

うつになる人が増えているということで会社の中でも病気療養中の人が多くなっています。もしもうつだと診断された時で仕事ができる状態ではないと判断された場合には診断書を書いてもらい、会社を一時的に休むということになります。その際には定期的に医師の診察を受けに行き、症状がどのように変化しているかや、薬の効き目があるかどうかを診てもらいます。会社に行くかどうかは医師ではなく自分で決めたいと感じている人でも、うつ病になっている時には正常な判断ができなくなっていることがあるので、医師のアドバイスを聞いた方が賢明です。うつ病の大きな特徴が自分自身では自覚しにくいということがあり、体の病気のように出血したりすることがないために気づきにくくなってしまいます。また精神的な病気だということで、自分がそのような病気にかかっていることを認めたくないと思う人も多く、指摘をされても認めないという人も多いようです。そのため、無理をして仕事を続けてしまい病状が悪化してしまうという経過を取る人も多く、治療に余計に時間がかかることもあります。うつ病は早めに治療を開始すれば、効果があらわれやすい病気なので、早期に発見することが大切です。自分では違うと感じていても発症している可能性があるので、気になる時には受診するようにしましょう。うつ病になったかもしれないと思った時には病院を受診して専門家の診察を受ける必要がありますが、内科などの体を専門に診ているところではなくうつ病に適した診療科にかかることが大切です。体の病気でも、それぞれに専門分野がありますが、心の病気の場合にも同様で、専門に診ている医師のいる場所を受診することで、その後の治療方針が大きく変わってきます。うつ病の場合には内服治療がメインになりますが、そういった薬に関しても、診療科が違うと適切な処方が受けられない可能性があります。うつ病の診断をしてもらいに行く場合には、精神科や心療内科といった診療科にかかると、専門の医師の診察が受けられます。精神科の病院は個人で営業しているクリニックよりも総合病院の中にあることが多く、心療内科は開業しているクリニックが多くあります。もしも、大きな病院にかかるのには抵抗があるという場合には心療内科のクリニックを探して受診すると診断が受けられます。精神科と心療内科では多少の差がありますが、うつ病の治療に関しては大きな違いはないので、どちらを受診しても大丈夫です。もしも発症していると診断された場合には、治療に時間がかかることもあるので、通える距離にあるクリニックにすることも重要です。