うつ診断でチェックしよう【適切な治療法を見つけていく】

うつ診断でチェックしよう【適切な治療法を見つけていく】

男性

病気の一つと理解すること

うつ病の対策には早期発見と治療に集中することが重要です。診断を受ける際には、医師にしっかりと症状を理解してもらうことが必要です。また、再発の可能性が高い病なので、焦らずにしっかりと治療をして完治させることが大切です。

詳しく見る

男性

診察で得た情報から判断

診察を通して患者から得た情報と基準を照合して、精神科医や心療内科医はうつ病の診断を行います。うつ病を自覚するなど、医者に診て欲しい時は電話などで予約を入れ、病院で自分の人となりなどを分かりやすく伝えられるよう、準備しておくのがベターです。

詳しく見る

医者

自分では気づきにくい病気

うつ病は自分では気づきにくいという特徴があり、つい無理をして仕事尾を続けていると悪化してしまう恐れがあります。もしも心配なことがある時には早めに精神科や心療内科を受診して診断を受けましょう。治療を早く開始することが大切です。

詳しく見る

医者と看護師

無料で相談できる

うつ病の疑いがある人は、まず身近な相談窓口を利用する事で適切な医療機関を紹介してもらえます。うつ病には様々なタイプがあるので、正確な診断と最適な治療が受けられる病院である事が必要です。選ぶ際にポイントとなるのが医師との相性です。

詳しく見る

できるだけ多くの情報を

男性

問題点を見極める

精神科の治療で精神療法は必須ですが、大事なことはその精神療法をチョイスするのかでなく、どの精神療法が本人にうまく合うのかどうかを決めることです。気分障害の一つであるうつ病は、症状の中でも行動、気分、対人関係など抱える問題も様々です。たとえば、うつ病の症状により登校や出社が不能な状態にあるとしても、行動抑制のためにカラダが動かずに行くに行けない状態のこともあれば、普通の時なら行けそうだけど、学校や職場内の環境が荒れていて、その喧噪のなかで過ごすのは辛すぎるので行けないということもあります。また、行くことはできても対人関係のために行きたくないのかなど、人それぞれで違いがあります。うつ病自体からきている症状なのか、そのほかの関係や事情から作り出された症状なのかの区別が必要です。そのため、初診時にはできるだけたくさんの情報が必要になります。通常の予診情報に加えて自尊感情の検査やうつ症状のチェックを行い診断するのが一般的です。さらに、比較的若い世代や学生の場合には通知表などを参考にするなど個別性の高い作業とともに最初の診断面接が行われます。その際、うつ症状の多くの表面的にみられているものが、病態形成にあずかるものなのか症状形成にあずかるものなのかの検討が行われ、これによりどこに問題があるのかがわかります。うつ病では集中力や記憶力の低下など、病気を疑わせる症状がいろいろと出ます。メインとなるものが抑うつ気分で、悲哀感、虚無感が入り混じったような落ち込んだ気分となります。ただし、他人からは行動面や日常生活など、外見的にはあまり普段と変わらないように見えることも多いです。加えて、ほとんどの場合、睡眠と食欲に関してなんらかの影響が出ます。不眠に関しては程度の差こそあれ、ほとんどの人に見られる症状で、逆に言えば不眠が長く続くことで誘発されます。不眠は神経の疲労を蓄積させる原因となるため、神経の休養の基本となる睡眠は非常に重要です。食欲に関しては若い世代は比較的過食傾向にあり、中年以降に発症した場合は食欲不振に落ちる傾向にあります。また、離人症といって一般にはあまり馴染みのない症状があらわれることもあります。自分の感情がどこかにいってしまったと感じている状態です。楽しい、悲しいなどの感情がどこかにいってしまい、感動することも悲しむこともない、加えて、現実に生きているという実感がない状態になります。そして、軽い抑うつと不安が混在し、日によっても症状が変動しやすいこともありますが、これは抑うつ神経症といわれるものです。しかし、実際の外来ではうつ病として診断されることも多くあります。そのため、正確な診断により適切な治療法を見つけていくことが重要です。